09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-11-28 (Fri)
代々木にほんのりと用事があったため隣駅の千駄ヶ谷に帰りに寄ってきました。
史実の沖田しゃんがなくなったと言われる場所らしいです。
浅草のにゃんこがたくさんいる今戸神社説もあるみたいですがそっちはメジャー
なのでこっちへ。_(´ x`」∠)_////

senda-01.jpg

ちなみに代々木とは新宿へ歩いていける距離なくらいの一つ手前のことです。
銀タンは予備校時代とお絵描き専門学校時代によく代々木と新宿をフラフラしてて
職場も含め都内に関しては恵比寿から新宿の間だけしか移動してなかったくらい
渋谷区オンリー(よくて新宿南口まで)なのでこのへん、だけしか割と詳しくない
ような気がするんですが、千駄ヶ谷には行ったことがなかったので口実作って
いけてよかったです。大京交番前のほんと手前の左側の道路になります。

senda-02.jpg

で、3枚目をよくみると、平成26年(つまり2014年)とかいてあります。
実は今年の3月にはじめて沖田しゃん逝去の地として札がたったのです。
千駄ヶ谷に実際行ってみても特に何があるというわけでもなく首都高速4号
新宿線が通ってて国立競技場とか神宮外苑があって慶応病院がありますね
くらいだと思うんですが、新宿から新宿マルイアネックスを通ってぐるっと
東のほうへ回ってみても辿り着くようなとこなので超ヒマな人は行ってみても
いいんじゃないかなと思います。というか、これしかないんですが。
まあ沖田しゃんスキーとしては行っておいてもいいんじゃないでしょうか。ハイ。
ファンの想いが新宿区を動かしたんですね _(´ x`」∠)_//// すばらしい/////

senda-03.jpg

ちなみに新宿御苑は銀タンの中高の時の漫研の追い出し会(高3の先輩を中1から
高2までが卒業を祝うと称してスケブ描かせたり気合いいれた強制ノルマゴミ絵
を先輩にむりやり押しつけ持って帰らせ…いえ、作品贈呈して思い出として
心に留めておいていただいたり、部誌に寄稿したものをCD-ROMに焼いて全員
に強制配布して黒歴史にみんなで頭抱えてうわあああああああみたいになるなど
という、たのしい3月末のお花見イベント) を毎回どういうわけか都内まで来て
何やってんのみたいなことをやってたので、とてもなつかしいです。
実は沖田しゃん逝去の地のほぼ隣だったという事実に驚いております _(´ x`」∠)_

senda-04.jpg


そしてもわる _(´ x`」∠)_///// 銀タンのなんちゃって新選組たびにっきでした。


* Category : 薄桜鬼【16/07/30】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する