09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-03-08 (Sat)
yukino-twi.jpg

キュンェ… (ノ x`) 公開初日からこのこはこうふんしすぎて…
いつも通り日本語とてももかしいし (ノ ∀`) アチャ-
Yマサキかんとくいきなりしつれいいたしましたうああ (ノДヽ)(ノДヽ)(ノДヽ)////
とりま3頁目まで本文書きました。映画斬新な内容になっていて個人的にすごく
よかったです監督にまで直接リプるくらいよかったです(あんまちょめいじんに
リプとかしないこなんですが) もう「士魂号泣」ってタイトルでいいと思います。

 …俺がイケメン鬼すぎたな щ(´ー`) .+*
 
 _ノ乙(、ン、)ノ 一番キュンが望んでたかざひじ鬼ともだち友情√と認定されました

 おきちづ/かざちづ/かざひじ、あとまさかの完璧な沖斎!サービスシーンに
 完全勝利を噛み締めている銀タンです ヾ(´ x` ノシヾ)ノシ ヾ(´Д`ノシヾ)ノシ
 とりま震撼じゃない新刊作ってもしごとやって早く沖千ぺんいれしよう。ウン











というかまああのですね、私実は途中で一旦かざちづ休んで緋色で骨休めして
戻ってきておきちづに在籍してるのですが、最後に出したかざちづの長編が
ちづタンに洋装渡して馬で江戸から北上するところで実は終わってるんですが
(『桜ノ宴』というエロい本) その続きをアニメ公式が今回非常に具体的に
やってくれたので、自分の中で本当のところを言うと精神的に相当辛くて
もう二度とかざちづが描ける状態ではないみたいなところまで行ってたので
相当救われたような気がしてならないです。なんか「行くな…」(きゅっ)
あたりでもう色々今までの悔しさとか悲しみとか怒りとか全てのことが
蘇ってきて、それでもKZMさんを捨てて行かなければいけないと決別した
想いとか。そういうのを自分のことのように思い出してしまい。
ある意味長年の呪縛から魔法のように一瞬で全てを清算してくれたというか。
(先月の日記にもなんかそれらしい暗示が今年あるって占いに出てたってこと
で貼ったな…)
私が今後かざちづ本が出せるかどうかは上記の重い理由もあって分からない
ですが少なくとも一枚絵を描けそうなところまで浮上できたかもしれません。
Sいら先生にもかざちづまた描こうよってこないだ励まして戴いたしなああ…
なんか、色々押さえ込んで沈めていた感情が一気に噴き出してきてしまって
そういう意味でも泣きました (ノДヽ)
* Category : 薄桜鬼【16/07/30】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する