07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2014-02-03 (Mon)
今日は鬼の日 (´ー`)ノ .+* 鬼の日 (´ー`)ノ .+*  _ノ乙(、ン、)ノ   >鬼。

_ノ乙(、ン、)ノシ .+*.+*  ヽ(´ー`)ノ .+* ちんにまめをまいてみよ #平清盛



ーーーーーー(ここまでがはくおうき雑談) ヽ(´ー`)ノ .+*






実は昨日YOUオンリに行きました。全くの直感で行こうと思って行ったのですが。
まさかの事件。
私このジャンル(はくおうき) の前にいたジャンルは久しぶりの同人復帰という位置
づけみたいな復帰の仕方でした。それこそ4年くらいやってなかったのですが
まあ商業とかに足突っ込んでたので実質出来なかったというのもあるんですが
直接辞める理由になったのは2ちゃんねるで単独スレッド立てられたからです。
そんな出る者は徹底的に打って潰すような村社会ジャンルでした。

でヲチスレから誘導で単独立てたのが実の師匠だったんですが、ヲチで叩かれても
しぶとく這い上がるような鬼のような強靭な精神を叩き込んでいくという
ことを今では教えられたんだなと思います。仕事で絵描いてるということは
嫉妬や批判や少しの出来の悪さあるいは売上の悪さなど重箱の隅をつついて
あら探しするようなことをされても本人に後ろ暗いところなどなければ
堂々としていろ(ただ改善できる部分(画力等)はしろ) ということをプロの
視点から指導されたというか。
そのくらいで潰されるならプロとして通用しないということだったわけです。
まさに芹沢先生の土方貴様は鬼になれ教育みたいなものでした。

それから暫く長期休止していたんですが、B型の絵描きって不思議なもので
仕事としてやるにもその仕事内容が徹底的に好きであれば通常運転の320%
くらいの驚異的な力を発揮するんですが、あまり乗り気でない場合には
マイナスを割りそうな出来をやらかしたりします。もしくはやらない。
なので好きなジャンルの同人やるっていうのは本当に好きなパターンでしか
ないっていうか。好きなことができないと生きていけないというか。
まあそんな感じなわけです。

なので、どうしても(例え売れなくても)自分の自由にできる同人活動って
辞めたとしても戻る人は突然ふらっと戻るわけです。辞めたまま戻れない
人ももちろんいます。でも例え生活が苦しかろうと充実してようがまさに
その時直感で戻ってしまうのがいわゆる書きたいものがある人のパターン
なのかな。と。打算では動かないのです。例えばよくありがちな、
今このジャンルが儲かるからスペ取らないと。いつやるの?今でしょ!的な。
私は残念ながらそういうのではありません。
そういう的外れなことまで言われて本当に心外なわけですが、例えこれを
ヲチスレなどで言われても沸点低すぎでキレたとしても、師匠は鬼になれ
と教えてどこかへ去っていったわけです。いや今も一応あっちこっちの
雑誌で連載してますけどね。

若い頃、身近な人に盛大なまでに裏切られる(しかしそれは鬼教育だった)
というそんな斗宿の運命らしい立ち直れないほどの出来事があったせいで
何も分かってない未熟な自分はあっさり雲隠れをしたのですが。
とある作家さんの本をふと手にする機会があって、さらにその前にいた
ジャンルに舞い戻るきっかけをつくっていきました。

そのジャンルのそのカプ本を読んで同じジャンルカプにコピ本30部くらいから
数年ぶりに復帰することになったわけですが。
その作家さんのことをずっと復帰できたきっかけみたいなシンボルとして
リスペクトしていました。最後にお会いしてお話したのが2011年の
夏シャッターだったんですが。自分もいつかこの人みたいに…//// と
思ってたら…まあ次の冬に緩衝シャッターになって身分不相応さと寒さに
震えたニシノカナ。そんな神の啓示みたいな感じの人とその作品なわけです
私個人的に。私個人的に。私個人的に。私の中で神は今現在3人居ますが
その頂点に立つ恩人がこの神なのです。

その後、神は行方不明になってたのですが。
昨日まさかの場所で発見して。
絵仕事がつらくなってもう絵をかきたくなくなったとかで。でもやはり絵が
描ける人なので。戻る人は戻る。同人に復帰したとからしく。そうか…
なんかもう絵柄や漫画のコマの割り方だけでも即座に判ってしまうくらい
なのですが。他人のパク空似にしてはおかしいと思い。
昨日たくさん本を買ってきたのですが、神ご本人でした。見つかってよかった。

叩かれてもう二度と復帰できないかもと思っていたところを一度救われ
また同じようなことが最近起きて、再びこの時を狙ったかのように精神的に
救われたのは偶然にしてはやはり神がかりすぎてる出来事だと思います。
まあ普段からよくそういうなんとなくした行為が神の導きみたいなことに
なるんですが (木星が12室にあるとそうなるらしい。やたら悪運が強いとか)。
なんか。本当に。今回こそは間違ってないという気持ちになれました。

他の神もね、実は私と本名が全く同じとかなんか色々同じ上記のような辛い
背景の元やってきた人や同じ遍歴を進んでいる人みたいな色々神がかり的な
遭遇をしている人々ばかりで単なる神というのではないんですけどね…

というわけで何かこう、こんなにも確率の低い場当たり的なことなのに
力強い無言の援護があったようで驚いています。前日というか当日夜中3時
過ぎにオンラインパンフでパンフ売り切れるかもしれないからとなんの気なし
に見て…くらいの直感レベル。おそろしいですね…私の未来を見通す直感は。
というわけで。この直感を信じてその直感のままにこのまま活動をしていこ
うと思います。いつかどこかに辿り着く、そんな気がするので。
先日私が過去の同カプの人にパクられてる通報があったのも、恐らくこの先
の未来に何か大きな問題が起こりうる現象の一つとして現れたことなので
しょう。いわゆる兆候。こう書くと緋色っぽいね。

そんなわけで、名前もサークルもまるで違ったのですが、黙って本だけ買う
ことにして神をずっと祀っていきたいと思います、誰にでも思い出したくない
過去の一つや二つ、あるでしょうから。(ってこの一文、次の幻詞本の中に
入ってるな書いたなそういや)
神というかカミというか。カミかもしれない。ウン。
そういうわけで昨日の出来事は心の中で大事にほんのりと。
私も過去のことを正面から直視してここで自らバラして落とし前をつけた
ことですっきりしました。これでまた元気よく楽しく前に進めます。



PS
ところでゆかりたん2014年射手座のところにこんなことが。


>その一方で、「関わるべきではない相手」のことも、
 炙り出されてくるかもしれません。

>長年感じていた精神的な重荷や漠然としたストレスから、
 2014年に突然、解放される人もいるでしょう。
 もしかすると、自覚的には「なぜ、どうやって解放されたのか」がイマイチ
 解らないかもしれませんが、おそらく、この時期に接する「他者」との関係
 が、貴方を解放へと導いてくれるのだと思います。
 長期にわたる自縄自縛から解放される人もいるはずです。
* Category : 薄桜鬼【16/07/30】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する