09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2013-08-31 (Sat)
また今日もはくおうきの映画見に行ってきました(2回目/0えん←)ノ(´ x`)ノ☆
今日は文庫本もらっちゃった ノ(´ x`)ノ☆☆☆ 来週は何貰えますか? (´Д`)ノ ←

2回目の感想 (´ x`)ノ やっぱり山南さんですよ。それから不知火さん。もりもり
手早く多摩じゃねえ弾詰め込むとことかちょうぜつかっこいいんですけどなんな
のあの鬼ときめくね ノ(´ x`)人(´Д`)ノ キュンてくるね
そして「ツノツノ4本kzmどん♪←(薩摩弁)」がもう何度見ても土方さんと本気で
殺る鬼の全力鬼ごっこして遊んでるだけにしか思えなくておいはときめきがとま
らんとでごわす。仕事放棄して天霧さんに盛大に溜息つかれるとかそいもよか。
デレ方さんのおにぎりもよか。デレ方さん眉間に皺6本以上入ってるのもよか。

取り敢えず毎回同じところで泣いてるんですが、冒頭。あれなんかすごく泣ける
んだけど自分だけですかねちょっと元から鬼びいきなところがあるので鬼迫害の
ところはなんとなく感情的に嫌というかちょっとこれ別ジャンルになりますけど
白華の檻が朝廷に従わない政ろわぬ民を鬼と呼んでそれらを恐れて村を焼き討ち
にするというようなことを坂上田村麻呂/アテルイの時代には既に行っていたという
部分でも結構悲しくて泣いたとこだったんですが、まあそれとほぼ同じ内容の
部分なのでここはちょっといつも泣きますね。いやホント。

というかこれは現代でも思想の対立としてあるように思うんですが、絶対多数
(いわゆる民意とされたもの)で構成された文化圏政治集団がその文化圏の優れて
いるところや最先端や優秀であることメジャーであることを若干遅れをとってい
る独自の文化や生活を築き上げているひっそりと暮らしたい少数マイノリティの
文化圏に自分たちは善意で持ち込んでいるつもりでそれが押しつけとなって結局
改心追従させようとするのに対して反発して征服され滅ぼされるか一時的に従属
させられてそこから奪い返すみたいなシナリオは他のアニメでもテーマになって
ると思うんですが(例えばギアスのイレブンとかポジションもよく似てると思う
し)現実の世界では欧州列強諸国が清国をアヘン戦争で崩壊させた二の舞になら
ないように薩英戦争で大敗北した薩摩が攘夷から方向を変えたことでそこから
日本は列強の仲間入りを目指して自国が侵略されないような国づくりにしようと
幕末は動いていったわけだけど、開国をせず清国の属国になっていた朝鮮王朝は
それを西洋かぶれした日本にはプライドはないのか的に良く思っていなくて独自
の文化を貫こうとして開国や洋風の文明開化を突っぱねていたら、以下お察しの
通り…という歴史的禍根が現在まで残っていていつもこのへんで衝突をしてる
ような気がするわけですが。

まあ一つの物語の定番のテーマなのかなと思います。こういうことは形を変えて
繰り返される、共存共栄と押しつけ善意と保護が失敗して搾取征服と恨みと逆襲
みたいな構図。滅亡したケースもあれば、よくありがちな途中で敵の内部分裂や
組織が崩壊してそれがきっかけとなって上手く奪還に成功したパターンもあった
り必ず結末は同じとは限らないのとか、色々考えさせられるなあとか思うわけ
ですよ。ハイ。政治色が強いといえばそうなのかもしれないですが、人間年齢重ね
てくるとなぜか不思議と政治や歴史や自国の生い立ちの光と影の部分みたいな
ものに興味を持ち始めるもので、単なる恋愛アニメとかよりもなにかこう、
制作者はキャラ(の生い立ちの経緯など)を通して何を社会に訴えたい内容なのか、
とか、そういうことに興味が湧くというか。ウン (´ x`)

まあ第一章だけ見てもそこまではわからないですよね。多分この話は結局鬼は
何があって何をどうしたかったのかという鬼の方面の事情のほうがより掘り下げ
られるのではないかというか、そうであってほしいとか鬼びいき的には思います
ね。もしかしたらノーマルエンドみたいな形で終わるかもしれない。
つまりkzmさんが生きてる版。でもくっつかない版。でも土方さんは史実通り
とか。前回は完全なフェアで全滅版/またはまさかの土方さん生きてました?版
という終わり方でしたけど…

ここまでお千ちゃんが完全スルーされてるのが気になりますね。全く出て来ない
とかなんでしょうか。個人的にはどの乙女ゲーにも主人公と一緒に遊びにいく
ような同い年か1こ上くらいのなかよしな女子ともだち(キュン友)って最低一人は
いてほしいんですよね。(´ x`) なんとなく。
というわけでよくわからない感想ですがおわり☆ (´ x`)ノ (´Д`) ホントよくわからない。


* Category : 薄桜鬼【16/07/30】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する