09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-10-10 (Tue)
スパークお疲れ様でした (´ x`)ノ 来ていただいた方々どうもありがとうございま
す。今回も設営で色々あって自主頒布停止にして10時半からの開始になってし
まい申し訳ありません。。。 _( x 」∠)_ ちゃんと設営の仕方を教えているはず
なんですが…ううん…教え方が悪いのか飲み込みが悪いのか、相変わらずな
でこぼこ兼と助手のぽむ広でした。。。 _( x 」∠)_ そしてまた反省会と称して
仲良くアフターでにくをやいてました。前回食べられなくて(なぜかバニラが出て
きて二人でブチ切れてた)抹茶黒蜜きなこアイスがおいしかった。

取り敢えずサークル主がスペース放置でコスプレして遊んでても10時から
きっちり頒布開始になるように練度2のぽむ広を強化しているので多目に見て
やってくださるとありがたいです。今回またこんな感じだったので次回はもう一人
乙女ゲー方面から長い知り合いの沖田クラスタさんに売り子さんをお願いできた
らいいなとかどうとか考えてたり打ち合わせ中です。。。

そしてぐだぐだ高円寺という本を出したらリアルに高円寺在住の方がお買い上げ
くださってもうなんていうかスミマセン _( x 」∠)_//// 私が一番言われて嬉し
いのは「ちょ…何この本クソフザけた本無理…1冊下さい」みたいな感じです。
たまにまじめなシリアスR18から離れてありえないような変な本作りたがるんです
が、それが売れると本当に嬉しいというか…
そういうわけでぐだぐだ高円寺、お買い上げくださってありがとうございます。
過去最高の驚異的なブクマ数になってますが、、、、今回色々あって9/29から
本文修羅場開始して10/4-5あたりにできたみたいな感じでして、超特急でXX年
ぶり某印刷所を使ったんですが、FMスクリーンがものすごく綺麗でびっくり
してます。そういう印刷の出来からも是非お手にとっていただきたいです。
どうしても何回も印刷に出してると紙質やインクの乗りみたいなのを見てしまい
ますね… 家族にもう職業病じゃないのって言われました…
うまれたばかりのおいっこの写真の二つ折りカレンダーみたいなのが送られて
きたんですが、おいっこの顔よりも印刷具合や紙質見てたり手触り確かめて
たり、もうただの変態なんじゃないかって思います。 _( x 」∠)_////

ーーーーー

さてそういうわけで、今回は写しの兼(コス)の道着袴を設定通りに裾上げして
短くしたのでちょっと足元がカッコよくなったかもなんて自己満しながらまるで
人んちのスペースで売り子してるみたいに楽しくやれました。
ぽむ広にも指摘されたんですが私はどうもプライドは高い割には自分の作品
とか自分自身をdisったりsageてく傾向があるんで、普通に売り子してると
なぜか(自分でも頒布する)やる気がなさすぎて微妙に態度悪く見えるので、
まじめにコスプレして人んちのスペで売ってると思うとなんというか、ちゃんと
できるんですよ。男性が男性用ブラジャーして「これがあると充実する」みたい
な感じで気を引き締めて仕事に集中できたり何事もポジティブに取り組める
ような感じに似てるんでしょうか。(?)
まあそういうわけで自分の作風にイマイチ自信がないのか偉ぶらないよね
みたいにぽむ広には言われて、人ってどこ見てるかわかんねーな (•̀ㅂ•́๑)
みたいな感じで気づきみたいなのがあったりなかったり。

そういうわけで容姿が衰えない限りはそんなことも地味に続けていったり
したいです。でもコスしてても背が高いから映えるとかカッコいいとかなんとか
ほめられてもやっぱり自分ではにわかどころか産廃な気がするんですよ。
常に自分をdisることでどうせダメなんだしみたいな開き直りや諦めみたいな
達観からはじまることで何にも期待しないとか、なんかどこでこじらせたの
かなっていう気はするんですが、イベントで私がどういう風に見えても中身は
よくこんなことをどこか静かに自分を客観的に眺めて考えてたりするんです。
そういうのを見て、で新刊とかも見ると「ホントこいつなんなのかよくわかん
ねーわwwww」みたいなのが感じられると思うのでこの作者おもしろいわと
思ったらついでにそういう見方もしていただければさらに色々と楽しめるか
と思います。ハイ。謎は深まるばかりかもしれませんが。

まっとうなにんげんにうまれたかった _(´ x`」∠)_   _(´Д`」∠)_

ーーーーー

というわけで、書店さんに例のまっとうな堀兼本が順次はいると思うので
宜しくお願い致します。再版になったので8月の新刊が今頃、って感じ
ではあるのですが、活撃審神者の衣装少し間違えてたり、一応夜だから
影トーン追加で貼ったり、初版は前日出来のオンデマだったのでオフセ
ット版で表紙ががっちりしたヤツがニ版なので(正確なところ定義として
は、二刷(改訂版)ですが) よかったら、もうめちゃくちゃ気合いれたので
(影トーンだけ。いつも影トーン貼らないので)見ていただけたらと思います。
沖千悲恋本以来の途中バッドエンドっぷりですが、どうしてかそういうダーク
なのをたまに描きたくなるんでお家芸なのかなって思いますが…

部数の関係で先行してとらのあなさんに入ってますが、K-BOOKSさん
と文教堂アニメガ(同人堂)さんと、メロンブックスさんにちょこっと入る
感じです。いつもより少し多く刷ったんですが、冬コミ分を手元に抜いたら
なぜかこれ以外の書店分がないみたいな状況なのでスパークで意外と
なくなったのかもしれませんが…
というわけでそんな事情もありまして、お早目にどうぞ。
高円寺本のほうはもう色々と問題がありすぎる問題作であることが自分でも
わかってるので何でも受け入れてくれる穴、つまりとらのあな専売です。
専売にすると店頭には割と出して貰えるようなのでよかったら是非是非
表紙見て笑ってきになるようでしたらお手にとってやってください。

ーーーーー

活撃はそういうわけで9月に無事?終わったわけですが土方組クラスタ
にはだいぶ深い傷を残していった感じで。
でも私は題材自体は好きなんですよ。活撃を見て思ったのは、原作の
キャラにそのキャラが言わなそうな言葉とか方向性とかを与えたらダメだな
っていうことです。確かに創作をすると作者の考えというのがどこかに出て
しまうかとは思うんですが、自己投影と感情移入は別なんじゃないかなって
いうか。
読み手としては読み手目線の感情移入ができるキャラが大抵受け目線で
描かれることが多いので、活撃はできれば新人堀川国広の目線で物語が
展開すれば視聴者はついていけたと思うんですが、和泉守目線で進んだ
ために和泉守受け派にはある意味特需ではあったんですが、その和泉守
に感情移入できないような作者(脚本)の自己投影描写があったため、
誰もついていけなかった。と。こういうのが敗因だと思います。
あと物語は起承転結をきっちりかかないとやっぱりダメですね…何が
この話では言いたかったのかが結論としても全く見えなかった。そんな感じで
題材が幕末だったので少し勉強すれば色々と複雑で深い話が作れるはず
だったんですが、何かもはや原作とはかけ離れた違うものになっていた。
そんな状況があったにせよ、もう少しこの世界を原作よりに補正した形で
あと何冊か本出したいと思います。
色々伏線みたいなのがあったような気がするんですが、全く伏線ではなくて
私が描いた本のほうが伏線回収した話作りになってるとかちょっと控えめに
言ってよくわからないんですが、まあそんな世間の不満も多いにあったこと
で例のまじめな堀兼本もそこそこ売れたのかもしれませんが、活撃みたいな
そんな空間でのまじめな話が読みたい人向けにしばらくまた描きたいかなと
いう感じで冬コミの本は出そうと思います。

個人的には山姥切と堀兼の絡みやニトロがどう考えても推してるだろうな
と思われる足利宝剣(ほねばみ/三日月宗近)あたりの第一部隊との接点が
活撃ではビジネスライクの冷酷さでグランブルーファンタジーのコラボのほう
ではちゃんと描かれてたというキチってる状況だったので、グラブル活撃本
みたいなことで予定しています。
2月に兼受オンリーがあるらしいですが、そこまでやって一旦活動休止かな
というか。夏まで休みますので宜しくお願いします。5月は休暇を。

関係ないけどグラブルはビィが好きなんですよ。でも声が実はちびノッブ
だった。もう世の中どこで何が繋がってるかわからないなっていう感動です。

そういえば今日兼ぴの極発表ということですが。
ポニテに赤い紐がついてるともう大好物なんで赤い紐だといいなとか
そわそわしながら待ってます。きっと土方さんみたいになるんだろうな…
なんかじんわりと嬉しいです ヾ(´ x` ノシヾ)ノシ

* Category : 刀剣乱舞【17/08/28】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-10-02 (Mon)
20171008-oshinagaki-440.jpg

というわけで10/8は東7ホールK53aです。9-10月とか秋にオフセットで新刊
出すのは… 記録上、XX年ぶりでした。(真顔)
コピー本とかオンデマコピ本みたいなのは秋のように夏コミから短い期間で
出すのは割と余裕なんですが…
そういうわけで、珍しく初版から超完全版でオフセットで出るとかいう、しかも
やっぱり割増で(こういうオチ)ということなので是非お手にしていただけたら
と思います。慣れない時期に慣れないことはするものじゃないですね…
というかギリギリまで活撃視聴してそこからネタ出してギリギリまでやるみたい
なのはもうやめようと前回反省したのにまたやってるあたりもう少し体に優しい
修羅場にしたいです…最近また体を酷使しすぎのような。

結構(家庭の事情から時期的に出やすいという関係で)秋にイベント出てる人
多いみたいなので私のように秋は完全に休みにしてリア充してて盆暮だけ
稼働してるタイプは珍しいと思いますが… こっそりひっそり会場にいるつもり
ですので。ハイ。_(´ x`」∠)_ 見かけましたらどうぞ宜しくお願い致します。

活撃とグラブルのコラボで毎日遊んでて割増とか許されないような気がする
んですが冬コミは是非もない本の続きとか、グラブルでくにぴよがいなかった
のと活撃の最終回近辺の話がもやもやしててちょっとまだ不完全燃焼なので
活撃とグラブルの世界ベースで改変した堀兼本とかを作りたいです。…って、
もう締切まで2ヶ月切ってますね… _(´ x`」∠)_ というわけでスパークで。

* Category : オフ@お品書き【17/10/2】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
個別記事の管理2017-08-30 (Wed)
tr12-fc0104-440.jpg

『ぐだぐだ高円寺』
(B5/24P/2017/10/8新刊/活撃堀兼&FGOコラボ本)
とらのあな予約 (10/8から頒布開始)
http://www.toranoana.jp/bl/article/04/0030/57/35/040030573512.html

tr11-fc0104-440.jpg

『凛舞艶夜』
(B5/44P/2017/8/11新刊/(10/8再版)/活撃堀兼R18)
とらのあな予約 (10/10から頒布開始)
http://www.toranoana.jp/bl/article/04/0030/57/01/040030570157.html

再版の目処が立ちましたのでよろしくお願い致します (´ x`)ノ
スパーク(謎の)堀兼新刊も予約開始しました。

* Category : オフ@書店委託【17/09/11】
* Comment : (0) * Trackback : (0) |